戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 戦略政策情報推進本部ニュース > 令和2年度 東京都におけるイノベーション・エコシステム形成促進支援事業「共同プロジェクト」の選定について

令和2年度 東京都におけるイノベーション・エコシステム形成促進支援事業
「共同プロジェクト」の選定について

令和2年10月15日

 都は、都内におけるイノベーションの活性化に向けた環境を構築するため、国内外の起業家、大手企業、投資家、研究期間等の様々なプレイヤーが集積・連携したイノベーション・エコシステム(以下、「エコシステム」という。)の形成に主体的に取り組む民間団体等(以下、「認定地域別協議会」という。)の活動を支援しています。
 今年度の支援対象に選定された認定地域別協議会より応募のあった共同プロジェクトについて、有識者による審査の結果、下記5団体で9件の共同プロジェクトを選定しましたので、お知らせします。

【選定プロジェクト(5団体・9プロジェクト)】

代表事業者
(50音順)
エリア 共同プロジェクトの概要
京浜急行電鉄
株式会社
品川
蒲田
羽田
●蒲田×町工場
 接点の少ない町工場とクリエイターの相互理解を深めるプラットフォームを構築し、コラボレーション案件を創出
●品川再開発×出張
 ビジネス出張者のデータ分析に基づく、地域商業施設へ誘導するサービス・商品の企画・検証
一般社団法人
大丸有環境共生型
まちづくり推進協会
大手町
丸ノ内
有楽町
●人流解析ビーコン
 エリア内各ビルにビーコンを設置し、エリア全体の流動人口傾向を把握
東急株式会社 渋谷 ●渋谷肥料
 エリア内の生ゴミを再利用した堆肥と肥料を用いた商品の開発
●monofun
 店舗や地域オリジナルの「ハウス電子マネー」発行によるエリア内の顧客獲得と事業者の資金繰り改善
東京建物株式
会社
八重洲
日本橋
京橋
●郵便管理クラウド活用
 エリア内の大企業・コワーキングスペースへ郵便管理クラウドサービスを導入し、ワーカーの郵便物対応だけのための出勤等、非効率な働き方を改善
●ビジネス向けスマートシャトル活用
 大企業ワーカー等に、通勤や顧客訪問の交通手段として、AIによるダイナミックルーティングを活用したドアツードアの「スマートシャトル」を提供
森ビル株式会社 虎ノ門
赤坂
六本木
●スタートアップマッチングプラットフォーム
 海外スタートアップ企業と国内大企業とのマッチングプラットフォームDBの構築
●ワークプレース整備へのセンサー技術活用
 複合センサー(赤外線、ミリ波等)情報に基づく統合プラットフォームでafterコロナのワークプレースを考察

【支援内容】

 新型コロナウイルス感染症との長い闘いを見据え、都の抱える社会課題の解決のため、複数の事業者が連携し、都内で実施するイノベーション創出に向けた共同プロジェクトに対し、都は以下の支援を実施します。

 
  • ➢産官学のプレイヤーを有機的につなぐための人材の派遣
  • ➢先端技術の導入へ向けたプロジェクト等を成功へ導くための人材の派遣
  • ➢海外のプレイヤーを巻き込むため、成功事例などを積極的に海外へ情報発信
  •  
本件は、「『未来の東京』戦略ビジョン」を推進する先導的事業です。
戦略11スタートアップ都市・東京戦略
イノベーション・エコシステム形成プロジェクト
【問合せ先】
戦略政策情報推進本部戦略事業部
特区・戦略事業推進課
直通  03-5388-2864