戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 戦略政策情報推進本部ニュース > 東京金融賞 ESG投資部門 事業者の募集を開始します!

東京金融賞 ESG投資部門
事業者の募集を開始します!

令和2年8月3日

 東京都は、「国際金融都市・東京」構想の取組の1つとして、都民および都内事業者のニーズや課題の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者に加え、ESG投資の普及を実践する事業者を表彰する「東京金融賞」を実施しています。
 都民の皆さまのESG投資に関するニーズ・ご意見の募集を行ったところ、ESGの各分野のうち関心の高い社会課題が以下のとおりとなりました。
 本日より、環境、社会、ガバナンスのテーマに合致したESG投資の普及活動を実践する金融事業者及び、SDGs経営の取組を実践する事業者を募集します。是非、ご応募ください。
 なお、「金融イノベーション部門」についても、9月11日(金曜日)まで金融事業者の募集を行っております。
E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資

1.設定したテーマ

 ESG投資部門は、ESG投資カテゴリに8テーマ、SDGsカテゴリにSDGs17ゴールをテーマとし、ESG投資の普及活動を実践する金融事業者及び、SDGs経営の取組を実践する事業者を募集します。
詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

a.ESG投資カテゴリ

分野 テーマ
環境(E) 気候変動、自然資源、環境市場機会
社会(S) 人的資本、 健康と安全・人権、 他者への配慮
ガバナンス(G) コーポレートガバナンス、企業行動

b.SDGsカテゴリ
 第70回国連総会で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」で掲げられる17の目標

2.募集概要

対象事業者 ・環境、社会、ガバナンスのテーマに合致したESG投資の普及活動を実践する国内外の金融事業者
・SDGs17ゴールに合致したSDGs経営の取組を実践する国内外の事業者(金融事業者を含む。)
募集期間 令和2年8月3日(月曜日)から同年10月16日(金曜日)
表彰者数 3者程度
応募方法 東京金融賞の専用ウェブサイトよりご応募いただけます。
詳細は募集要項をご確認ください。

3.スケジュール

<参考>
SDGs17ゴール

目標 1 あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
目標 2 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
目標 3 あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
目標 4 全ての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
目標 5 ジェンダー平等を達成し、全ての女性及び女児の能力強化を行う
目標 6 全ての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
目標 7 全ての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
目標 8 包摂的かつ持続可能な経済成長及び全ての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
目標 9 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
目標 10 各国内及び各国間の不平等を是正する
目標 11 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
目標 12 持続可能な生産消費形態を確保する
目標 13 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
目標 14 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
目標 15 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
目標 16 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、全ての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
目標 17 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

国際連合広報センターHPより引用

【問合せ先】
戦略政策情報推進本部
特区・戦略事業推進課
電話: 03-5388-2144