戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 戦略政策情報推進本部ニュース > 「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」が「スタートアップ・エコシステム拠点都市」に選定されました

「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」が
「スタートアップ・エコシステム拠点都市」に選定されました

令和2年7月14日

 東京都では、令和2年1月22日に、「稼ぐ力」のさらなる強化と国際プレゼンスの向上に向け、「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」(以下、「本コンソーシアム」)を設立しましたが、この度、本コンソーシアムが、国の「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」における「グローバル拠点都市」に選定されました。
 本コンソーシアムは、東京にスタートアップ・エコシステムのグローバル拠点都市としての地位を確立させることで、国際競争力の強化、スタートアップの創出や成長、ひいては東京の経済の持続的な発展を実現し、また、スタートアップ・エコシステムによるイノベーションを社会に実装し、地域に還元する活動を目的としています。
 この度の選定を追い風に、スタートアップ・エコシステムの発展に向け取組を加速してまいります。

※エコシステム:ベンチャー企業や大企業、投資家、研究機関など、産学官の様々なプレイヤーが集積または連携することで共存・共栄し、先端産業の育成や経済成長の好循環を生み出すビジネス環境を、自然環境の生態系になぞらえたもの

♦「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」の取組
 本コンソーシアムは、スタートアップ・エコシステムの形成促進、産学官によるスタートアップの創出や成長促進等の取組を行うこととしており、現在181の組織が参画しています(事務局は東京都。会員は別紙参照)。現在、「ポストコロナワーキンググループ」「大学を中心としたエコシステム拠点強化ワーキンググループ」を立ち上げるなど活動を開始しており、今後もスタートアップ・エコシステムの発展に向け、積極的に活動していきます。
♦「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」
 都市や大学を巻き込み、起業家教育やアクセラレータ機能を抜本的に強化すること等を通じて、起業家がこれまでの制約を超越し(Beyond Limits)、日本の潜在能力を開放する(Unlock Our Potential)、スタートアップ・エコシステムの拠点を形成することを目指し、令和元年6月に内閣府、文部科学省及び経済産業省が「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」を発表しました。
 グローバル拠点都市に対しては、ランドマークプログラム(アクセラレーションプログラム)の実施、世界への情報発信、起業家・投資家の招致の支援、政府のスタートアップ支援の積極的な実施、規制緩和の推進等、民間サポーターによる支援が行われる予定です。
添付資料:「スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアム」会員一覧(※令和2年7月14日時点)
本件は、「『未来の東京』戦略ビジョン」を推進する先導的事業です。
戦略11スタートアップ都市・東京戦略イノベーション・エコシステム形成プロジェクト
【問い合わせ先】
 戦略政策情報推進本部 戦略事業部
 特区・戦略事業推進課
 電話(直通):03(5388)2864