戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 戦略政策情報推進本部ニュース > 東京金融賞 金融イノベーション部門 支援プログラム参加事業者が決定しました!

東京金融賞 金融イノベーション部門 支援プログラム参加事業者が決定しました!

令和元年10月4日

東京都は、「国際金融都市・東京」構想の取組の1つとして、前年度に引き続き、都民のニーズや課題の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者に加え、ESG投資※の普及を実践する金融事業者を表彰する「東京金融賞」を実施しています。
本表彰における「金融イノベーション部門」では、都民の皆さまから寄せられた金融サービスに関するニーズや課題を基に25のテーマを設定し、7月16日から8月23日の間、テーマに即した金融事業者を国内外から募集いたしました。
その結果、日本を含む17の国・地域、80事業者から解決策の応募があり、この度、5者の金融事業者が一次審査を通過し、支援プログラムに参加することが決定しましたので、お知らせします。
※E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資

1.支援プログラム参加事業者(アルファベット順)の概要

企業名 国/地域 応募テーマ 事業者の概要
株式会社フィンプラネット 日本 【その他】
人生100年時代に備えた新しい金融サービスがほしい
公平・中立な立場から「ベストアドバイスのある暮らし」の実現に向けたロボアドバイザーを提供
Fly Money Technologies LTD イスラエル 【決済】
電子マネーの種類が多すぎて使いづらい
旅行先や出身地に応じて、旅行者に現地通貨ソリューション(現地のモバイルウォレット、現地の現金、プリペイドカード等)を提供することで、旅行者が地元の人と同じように支払うことを支援
株式会社400F 日本 【資産運用】
資産運用について中立的で、自分に合った商品のアドバイスがほしい
お金の悩みを持つユーザーとフィナンシャルプランナーやIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)等のマッチングプラットフォームを提供
Frich株式会社 日本 【保険】
保険のシェアリングが実現できるようなサービスがほしい
通勤通学時の交通事故や自転車事故等に係るヘルプコール付き弁護士費用保険を販売
株式会社インフキュリオン・グループ 日本 【出入金】
シンプルで低コストな送金アプリがほしい
金融・決済領域を中心とした事業開発グループ。SaaS(*1)基盤の提供や企業のデジタルトランスフォーメーション(*2)支援を通じて、キャッシュレス社会の実現を推進
(*1) “Software as a Service”の略。インターネット経由でアプリケーション機能を提供するサービスの形態
(*2) クラウドやモビリティ等を利用し、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通じて価値を創出し、競争上の優位性を確立すること

2.支援プログラムの実施

今後、上記の5事業者に対し、支援プログラム(メンターシッププログラムの提供、ビジネスマッチング機会の提供、開発環境(オフィススペース)の提供等)を実施し、最終審査による順位付けを行った上で、3者を表彰いたします。なお、表彰式の詳細は後日決定の上、公表いたします。

3.スケジュール

東京金融賞の詳細は専用ホームページをご覧ください。

【問合せ先】
戦略政策情報推進本部 特区・戦略事業推進課
電話 03-5388-2144
FAX 03-5388-1211