東京版ESGファンド

TOP > 国際金融都市・東京 > 東京版ESGファンド

東京版ESGファンド

東京版ESGファンドの創設

持続可能な国際社会づくりに貢献するESG投資を普及・促進させるため、令和元年度において「東京版ESGファンド」を創設しました。
東京版ESGファンドは、国内の再生可能エネルギー発電設備に分散投資を行うとともに、管理報酬の一部を「ソーシャル・エンジェル・ファンド」に寄附し、社会貢献性の高い事業等を支援していきます。

※E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資

事業概要

  • 東京都がファンド運営事業者を選定
  • 東京都は、5億円を出資
  • 東京版ESGファンドは、国内の再生可能エネルギー発電施設に分散投資
  • 東京版ESGファンドは、管理報酬の一部を「ソーシャル・エンジェル・ファンド」に寄附し、社会貢献性の高い事業等を支援

【ファンドスキーム図】